/

この記事は会員限定です

[FT]OECD次期事務総長、多国籍企業の国際課税に自信

[有料会員限定]
Financial Times

経済協力開発機構(OECD)のマティアス・コールマン次期事務総長(50)は、多国籍企業に対する課税に関して国際的な合意が取れると確信している。米テック企業にもっと税金を支払わせるための措置が激増しているなか、国によってその内容がまちまちである実態を改善するのが目的だ。

コールマン氏はフィナンシャル・タイムズ(FT)のインタビューに対して、多国籍企業への課税と同様、国際主義的な原則が決まれば、欧州連...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン