/

この記事は会員限定です

米中、台湾で早くも攻防 米国務省が台湾の自衛支援表明

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【ワシントン=中村亮、台北=中村裕】米バイデン政権の発足から間もなく、台湾を巡る米中の攻防が激しくなってきた。中国軍の戦闘機など計13機が23日に台湾の防空識別圏(ADIZ)に侵入すると、米国務省は23日に「台湾が十分な自衛能力を維持するよう支援していく」との声明を公表した。米中関係の焦点である台湾問題で、バイデン政権がトランプ前政権の強硬路線を引き継ぐか注目される。

台湾の国防部によると、中国軍...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン