/

中国機墜落、当局「ブラックボックスの一部回収」

人体組織の一部発見

(更新)

【広州=川上尚志】中国当局は23日、南部の広西チワン族自治区梧州市で中国東方航空機が墜落した事故に関して、原因解明のカギとなる「ブラックボックス」の一部を回収したと発表した。人体組織の一部を発見したとも説明した。

事故は21日に発生した。乗客乗員132人が搭乗していたが、これまでに生存者は確認されていない。

対策本部が梧州市で記者会見を開き、航空監督当局の幹部らが捜索状況について「23日午後、2つあるブラックボックスのうち1つを発見した」と説明した。発見したのは(パイロットらの会話を記録する)言語記録装置で、もう一つの飛行データを記録する装置はなお捜索中という。

中国国営中央テレビ(CCTV)は23日、ブラックボックスを回収している場面などの捜索状況を報じた。ブラックボックスは飛行に関するデータやコックピットでのパイロットの会話音声などが記録されている。

墜落した航空機は雲南省昆明市から広東省広州市に向かっていた。現地では22日夜から雨が降っており、消防や公安による捜索活動は難航しているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン