/

この記事は会員限定です

韓国EC、生き残りへ「3位」買収合戦 SKやロッテが意欲

[有料会員限定]

【ソウル=細川幸太郎】韓国ネット通販3位のイーベイコリアの売却手続きが始まり、4位以下のSKテレコムやロッテなどが買収に名乗りを上げた。ネイバー、クーパンの2強の攻勢で上位勢の寡占が進む中、生き残りをかけた争奪戦の様相を呈している。イーベイの行方が韓国の電子商取引(EC)業界の勢力図を左右しそうだ。

証券業界の関係者によると、16日に締め切ったイーベイコリア売却の予備入札には、子会社を通じてネット...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1453文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン