/

この記事は会員限定です

豪政権交代の裏に気候変動問題 無所属が与党の議席奪う

[有料会員限定]

21日投開票のオーストラリア総選挙(下院選)で労働党が勝利し、9年ぶりの政権交代が決まった。モリソン前首相が率いた保守連合(自由党と国民党)は議席数を大きく減らし閣僚も落選に追い込まれた。一方で躍進したのが、環境問題を重視する「ティール」と呼ばれる無所属候補らだ。背景には有権者らの気候変動問題への強い意識があり、今後も環境を巡る政策は豪州の政界を大きく揺るがすリスクをはらむ。

「きょう、ライアン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1147文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン