/

この記事は会員限定です

「キム・ジュエ」が負う宿命 金正恩氏が狙った演出効果

ソウル支局長 恩地洋介

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

北朝鮮は先週、金正恩(キム・ジョンウン)総書記が娘の手を引いて大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射に立ち会う様子を公開した。核・ミサイル開発への強い意志の表れとみられる。なぜ幼い娘を登場させたのだろうか。注目を集めるためか、後継者のお披露目なのか。当局や専門家はその意図について様々な臆測を巡らせている。

前例のない頻度でミサイルを撃っている北朝鮮が、久々に手の込んだサプライズを演出した。19日付...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1767文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません