/

韓国外務省「解決へ元慰安婦と相談」 訴訟巡り立場表明

【ソウル=恩地洋介】韓国外務省は23日、日本政府への賠償命令が確定した元慰安婦訴訟を巡る韓国政府の立場を発表した。「慰安婦被害者たちと相談し、円満な解決のため最後まで努力する」と表明する一方、日本政府に対しては「被害者たちの名誉回復や心の傷を癒やすための努力を見せるべきだ」と注文した。

ソウルの日本大使館前に置かれた慰安婦少女像=共同

慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決をうたった2015年の日韓合意については「政府間の公式合意であり、政府としていかなる追加的な請求もしない方針だ」と指摘。同時に「被害当事者の問題提起を防ぐ権利や権限を持っていない」とも言及した。

ソウル中央地裁が1月8日に出した賠償命令判決は23日に確定し、茂木敏充外相は同日、韓国に「国際法違反の是正」を求める談話を出した。韓国外務省はこれに「慰安婦問題は世界で類を見ない戦時の人権じゅうりんであり、国際法違反であることを直視すべきだ」と反論した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン