/

この記事は会員限定です

シンガポール、職場接種義務化 22年1月から

[有料会員限定]

【シンガポール=中野貴司】シンガポール政府は23日、オフィスや工場で働く従業員に新型コロナウイルスのワクチン接種を事実上義務づける新たな感染対策を発表した。2022年1月1日から適用する。ワクチンの接種完了率が84%に達するシンガポールでは1日あたりの新規感染者が3千人を超える高水準が続いており、規制を強化する。

ワクチン接種完了者以外は、過去270日以内に新型コロナ感染から回復した従業員か検査を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り320文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン