/

中ロが初の合同巡視活動、日本列島を周回

(更新)

【北京=羽田野主、モスクワ=桑本太】中国とロシアの国防省は23日、17~23日に両国海軍が西太平洋の海域で初の合同巡視活動を実施したと発表した。日本海や東シナ海でも巡視活動を行い、武器使用の演習もした。

中ロで合計10隻の艦艇と6機のヘリコプターを搭載し合同艦隊を編成した。中国国防省は「他国の領海に侵入しなかった」と主張した。ロシア国防省は「(中ロ)両国の海洋経済活動を保護するため」としている。

日本の防衛省統合幕僚監部は23日、中ロの艦艇合計10隻が鹿児島県の大隅半島と種子島の間にある大隅海峡を通過し、東シナ海に向けて航行したと発表した。

両国の艦艇は18日に津軽海峡を通過して太平洋に入っており、日本列島をほぼ一周したことになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン