/

中国で邦人に懲役12年、「スパイ行為」で実刑判決

【重慶=多部田俊輔】中国の湖南省長沙市で2019年7月に拘束された50代の日本人男性が今月8日、スパイ行為をしたとして懲役12年の実刑判決を受けたことが分かった。日本の外務省関係者が23日、明らかにした。判決ではスパイ行為の詳細を明らかにしていないという。

関係者によると、判決を下したのは長沙市中級人民法院(地裁)。日本人男性は国家安全当局に身柄を拘束され、反スパイ法の違反で起訴されたとされる。今回の判決を受けて、上訴は可能だという。日本政府は中国に対し、男性の早期解放や司法手続きの透明性確保などを働きかけている。

中国は14年に反スパイ法が施行してから社会の統制を強めており、外国人を厳しく監視している。これまでスパイ行為に関わったとして、少なくとも16人の邦人拘束が判明。今回を含めて多くが実刑判決を受けたとされるが、どのような行為が罪に問われたのかは不明という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません