/

この記事は会員限定です

ジャカルタ、最低賃金増で企業反発 知事を提訴も

[有料会員限定]

【ジャカルタ=地曳航也】インドネシアの首都ジャカルタ特別州で、毎年改定する各州の企業の最低賃金をめぐって混乱が生じている。アニス州知事が法定水準を大きく上回る前年比5%超に引き上げる方針を決め、反発した経営者団体が提訴をちらつかせる。混乱が続けば投資環境の不透明化を嫌気する外資が新たな投資を控える可能性もある。

アニス氏は27日、最低賃金の5.1%引き上げを2022年1月から適用する州知事令を公...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1153文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン