/

この記事は会員限定です

サムスン2兆円半導体工場、米国の焦りが後押し

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

韓国サムスン電子は24日、米国に半導体受託生産の専用工場を建設すると発表した。この分野では世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)がアリゾナ州で新工場を建設中で、米インテルも参入を表明済みだ。大手3社がそろって米国での工場新設を決めた格好だが、サムスンの今回の戦略は半導体国産化を掲げるバイデン政権の焦りが後押しした側面がある。

サムスンはテキサス州テイラーに170億ドル(約1兆9500億円)を投じ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1527文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン