/

この記事は会員限定です

民主派メディア、相次ぎ消滅 香港紙廃刊から1年

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】香港で中国に批判的な日刊紙、蘋果日報(アップル・デイリー)が廃刊して24日で1年となった。ほかの民主派ネットメディアも相次いで消滅し、香港の「報道の自由」は窮地に立つ。当局の取り締まりへの恐れから自己検閲が広がるなか、弾圧にあらがう記者もいる。

「心に穴があいたようだ。香港の報道の自由は劇的に縮小してしまった」。蘋果日報の元記者はこう話す。記者を続けることも考えたが、家族に反対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン