/

この記事は会員限定です

サムスン、ネットTV独走 シェア約3割で中国勢引き離す

巣ごもり、「ネトフリ」効果も追い風に

[有料会員限定]

韓国サムスン電子が世界3割のシェアを握るテレビ市場で快走している。29日発表の2021年4~6月期の家電部門の営業利益は、前年同期比45%増だった。巣ごもり需要に加え、米ネットフリックスなどのネット動画が見やすい高性能品が好調で、TCL集団など中国勢を引き離す。汎用品化が進むテレビ市場でソフト面を充実させてシェアを高めている。

テレビが過半を占める「家電部門」の売上高は同32%増の13兆4000億...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1678文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン