/

北朝鮮、台湾問題で米国を非難 外務次官が談話

【ソウル=細川幸太郎】北朝鮮の朝鮮中央通信は23日、米中対立で緊張が高まる台湾問題について米国を非難する朴明浩(パク・ミョンホ)外務次官の談話を報じた。朴氏は「台湾は中国の一部で、米国の行為は中国に対する露骨な内政干渉」とした。

談話は「米国が米軍特殊部隊を台湾に駐留させ、台湾軍を訓練したことは公然の秘密」と指摘。「中国を制圧するために台湾を前哨基地としている」と米国を批判した。

さらに、台湾情勢は朝鮮半島情勢と無関係ではないとし、「朝鮮半島の危なげな緊張をさらに高める危険性をはらむ」と言及した。「台湾周辺に集結する武力が、いつでも我々を狙った軍事作戦に投入される」として自国の自衛権行使の一環としてミサイル開発などの正当性にもつなげた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン