/

韓国の全斗煥元大統領が死去 90歳、クーデターで実権

(更新)

【ソウル=恩地洋介】韓国の全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領が23日、ソウル市の自宅で死去した。90歳だった。韓国軍陸軍少将だった1979年、朴正熙(パク・チョンヒ)大統領が側近に暗殺された後の混乱の最中、クーデターを起こして実権を掌握。翌80年9月に第11代大統領となり、7年半にわたり軍事独裁体制を続けた。

在任中は民主化運動を厳しく弾圧する一方、財閥に主導させる形で経済を安定成長の軌道にのせた。韓国が国際舞台で存在感を大きく高める機会となった88年のソウル夏季五輪の誘致にも成功した。

韓国では武力で民主化運動を封じ込めた負の印象が強い。クーデター後の80年5月、全羅南道の光州で起こった大規模デモを、全氏ら軍指導部は軍の特殊部隊を投入して鎮圧。少なくとも百数十人の学生や市民が亡くなった。

大統領退任後の95年には、クーデターに絡み側近だった盧泰愚(ノ・テウ)元大統領とともに逮捕、起訴された。内乱殺人などの罪で無期懲役の実刑判決を受けたものの、97年に特赦を受けて釈放された。

最近は光州事件を正当化した自身の回顧録を巡り、犠牲者の名誉を毀損した罪に問われた。8月まで光州地裁の公判に出席していたが、多発性骨髄腫と診断され治療を受けていた。

大統領任期中の83年には、中曽根康弘首相が日本の首相として戦後初めて韓国を公式訪問した。84年には全氏が韓国の国家元首として初来日した。

10月には全氏を側近として支え、その後大統領に就いた盧泰愚氏が死去したばかり。朴正熙政権後の軍人出身の元大統領の相次ぐ逝去は、韓国の一時代の終わりを印象づけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン