/

ミャンマー、ASEAN首脳会議の排除「受け入れられない」

【ヤンゴン=新田裕一】ミャンマー外務省は22日、東南アジア諸国連合(ASEAN)が26日から開く首脳会議へのミン・アウン・フライン国軍総司令官の出席を認めないと決めたことについて「受け入れられない」とする報道声明を出した。

ASEANは15日に緊急の外相会議をオンラインで開き、首脳会議にはミャンマーの「非政治的な代表」を参加させるとする議長声明を発表。ミン・アウン・フライン氏を事実上排除し、代わりに外務省高官を出席させるとみられていた。

ミャンマー外務省は22日の声明で、緊急外相会議ではミャンマーの代表者を巡る議論の結論には達しておらず、議長声明は「ASEAN憲章の規定に違反している」と主張。「(議長声明で示された)決定に従うことは困難だ」と述べた。「憲章に基づき首脳会議に参加する資格がある」とも強調した。

クーデターで国軍が全権を掌握したミャンマーを巡り、ASEANは4月、ミン・アウン・フライン氏も招いて首脳会議を開き、暴力停止や特使派遣など5項目の合意事項を確認した。ASEANの特使を務めるブルネイのエルワン第2外相は民主化指導者アウン・サン・スー・チー氏との面会を求めたが、ミャンマー側が拒否し、特使のミャンマー訪問が実現しないなど進展が乏しい。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ミャンマー国軍は2021年2月1日、全土に非常事態を宣言し、国家の全権を掌握したと表明しました。 アウン・サン・スー・チー国家顧問率いる政権を転覆したクーデター。なぜ起きたのでしょうか。 最新ニュースはこちら。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン