/

シンガポール航空、コロナ陰性のデジタル証明書で実験

検査やワクチンの情報管理をデジタルで効率化=三村幸作撮影

【シンガポール=谷繭子】シンガポール航空は23日、新型コロナウイルスに感染していないことを示すデジタル証明書の実験を開始したと発表した。スマホのアプリに検査結果を記録することで、空港でのチェックが効率的になり、航空旅行の回復に役立つと期待する。ワクチンの接種証明にも対応する計画だ。

国際航空運送協会(IATA)が開発したデジタル証明書「トラベルパス」のプラットフォームと、シンガポールのスタートアップ、アフィニディが開発したデジタル認証アプリを使う。まずジャカルタ発とクアラルンプール発のシンガポール行き路線で始め、対象路線を徐々に増やす。来年半ばまでに自社アプリに同サービスを統合する。

利用者が出発前にコロナ検査をすると、検査の種類や結果、日時などの情報を含むQRコードが渡される。これをスマホに保存し、空港のチェックインカウンターや出入国審査で提示する。空港職員が専用の認証アプリで読み取れば、出入国の条件を満たしているかを確認できる。

空港職員がQRコードを読み取り検査結果を確認(アフィニディ提供)

コロナ下で出入国の条件は国によって異なり、医師が発行する紙の証明書も多様だ。空港での確認作業が複雑化し、航空旅行の再開の妨げとなるとの懸念があった。電子化はこの負担を軽減する。職員にわかりやすく、手続きを迅速化できるだけでなく、偽造防止にもつながるとの期待がある。

シンガポール航空は「コロナ感染症の検査とワクチンは今後の航空旅行に不可欠となる。この情報をデジタル化することで簡易で安全に検査結果を検証できる」(ジョアン・タン上級副社長代理)としている。

デジタル証明書は複数の取り組みが並行している。キャセイパシフィック航空などは世界経済フォーラムなどが開発した「コモンパス」で実験している。全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)も同システムで実験すると発表した。救急医療サービスのインターナショナルSOSは「ICC AOKパス」で実験している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン