/

この記事は会員限定です

イラン、抜き打ち査察停止を強行「濃縮レベル60%も」

[有料会員限定]

【ドバイ=岐部秀光】イランは23日、国際原子力機関(IAEA)による抜き打ち査察などを定めた「追加議定書」の履行を予告通り停止した。最高指導者ハメネイ師は22日、ウランの濃縮レベルをイラン核合意が定める3.67%をはるかに上回る「60%まで必要ならば引き上げる」と指摘した。IAEAへの査察協力に最大3カ月、協力するとした政府の決定にも反発が広がっている。

現地メディアによると、イランは23日午前0...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り926文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン