/

この記事は会員限定です

TSMC、米アリゾナ新工場稼働に向け600人超投入

[有料会員限定]

【台北=鄭婷方、黎子荷】半導体受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が、米アリゾナ州に建設する新工場の稼働に向け、当初600人超の投入を計画していることが明らかになった。2021年から新工場を建設し、既に技術者や管理職の300人超からなるタスクフォースを立ち上げた。近く台湾から米国へ派遣する予定だ。

関係者によると、米当局から既に就労ビザを提供する合意も取り付けたという。経営トップの劉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン