/

この記事は会員限定です

萎縮する中国テック企業 成長投資より自社株買い

中国リスク 市場の警鐘㊥

[有料会員限定]

香港株式市場で中国テックの雄、ネットサービスの騰訊控股(テンセント)の株価下落が鮮明だ。29日の終値は270.6香港ドルと、2021年末比で40%弱安い水準にある。27%安の香港ハンセン指数に比べ下げが目立つ。

「ATM」と呼ばれる中国の主要テック3社のアリババ集団、テンセント、美団の株価が下落トレンドから抜け出せない。3社の時価総額は直近で5兆3000億香港ドル(約98兆円)と、20年9月末と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1355文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン