/

金与正氏、対話再開は「誤った期待」 米高官発言けん制

北朝鮮の金与正朝鮮労働党副部長=AP

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党副部長は22日、非核化交渉の再開に期待感を示した米高官を「誤った期待だ」とけん制する談話を公表した。条件なしの対話を呼びかけるバイデン政権に譲歩を迫る狙いとみられる。

金与正氏はサリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)の発言に反応した。サリバン氏は20日のABCテレビ番組で、党会議で対話の可能性に触れた金正恩(キム・ジョンウン)総書記の発言について「興味深いシグナルだ」と述べた。

朝鮮中央通信によると、金与正氏は談話で「誤った期待は自分たちをさらに大きな失望に陥れることになる」と警告。「米国は恐らく自らを慰める方に夢占いをしているようだ」とし、早期の対話再開を否定した。

金正恩氏は17日の党中央委員会総会で「対話にも対決にも備えなければならない」と発言した。北朝鮮はかねて米韓合同軍事演習の中止などを求めており、対話再開を交渉材料に米国から譲歩を引き出そうとする思惑もうかがえる。

韓国を訪れている米国のソン・キム北朝鮮担当特使は21日、北朝鮮に「前提条件なしにいつでもどこでも会う」と呼びかける一方、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁は継続する方針を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン