/

竹島上陸「受け入れられない」 韓国に重ねて抗議

外務省局長

【ソウル=恩地洋介】外務省の船越健裕アジア大洋州局長は22日、ソウルで韓国外務省の李相烈(イ・サンリョル)アジア太平洋局長と会談した。日本側は韓国の警察庁長官が島根県の竹島(韓国名・独島)に上陸した問題で「決して受け入れられない」と重ねて抗議し、適切な対応を求めた。

日本企業の資産現金化が迫る元徴用工問題について、日本側は「現金化に至れば深刻な状況に至る」と懸念を伝え、受け入れ可能な解決策を早期に示すよう促した。韓国外務省の発表によると、韓国側は「今後、より積極的に双方の協議を急ぐ必要がある」と答えた。

新型コロナウイルスの水際対策を巡り、韓国側は日本政府による入国制限の緩和を歓迎しつつ「人的交流を徐々に拡大していくことを望む」と要請した。日韓の局長協議は9月に東京で開かれて以来となる。

船越氏は同日、韓国外務省の魯圭悳(ノ・ギュドク)朝鮮半島平和交渉本部長とも協議した。北朝鮮情勢のほか、韓国政府が提唱する朝鮮戦争の終戦宣言構想に関しても意見を交わした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン