/

台湾域内、約8カ月ぶりコロナ感染1人確認

【台北=中村裕】台湾の衛生福利部(厚生省に相当)中央感染症指揮センターは22日、台湾域内で新型コロナウイルスの感染者を1人確認したと発表した。域内での感染確認は4月12日以来で、約8カ月ぶり。30代の女性で、現在、医療機関で治療を受けている。

女性は、20日に感染が確認されたニュージーランド人のパイロットの濃厚接触者だった。新型コロナ対策の指揮を執る陳時中・衛生福利部長(厚生相)は22日の記者会見で「今後、台湾各地で年末イベントが予定されているが、主催者には規模の縮小などを検討してもらいたい」と述べ、感染拡大の防止を求めた。

台湾で感染が確認されたのは累計770人で、域内での感染者は56人にとどまる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません