/

上海市、外出制限を再び厳格化 感染増加地域で

【上海=松田直樹】新型コロナウイルス感染拡大で都市封鎖(ロックダウン)が続いている中国・上海市は外出制限などを再び厳格化する。新規感染者の少ない区画では段階的に外出制限を緩める方針を示していたが、方針を部分的に撤回。感染が深刻な地域ではPCR検査を改めて徹底する。感染収束が見通せない状況が続いている。

21日の上海市の市中の新規感染者数(含む無症状)は1万7629人だった。増加ペースは鈍り始めたが、依然として高止まりが続いている。市当局は新規感染者が増加している西部の一部地域などで21日から外出を禁止した。

11日発表したばかりの従来方針では集合住宅など区画ごとに細かく感染状況を監視し、新規感染者が14日間ゼロの区画に住む市民は外出できるようにすると説明していた。感染抑制が進まないため一部撤回した。

感染が深刻な地域でPCR検査体制も強化する。ネット通販などの配達員には毎日のPCR検査と、1日に2回の抗原検査を義務づける。配達員が不足するなか、厳しい検査体制は物流混乱を招く可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン