/

この記事は会員限定です

韓国百貨店、食・体験軸に 大手3社がそろって大型店

新世界は「学び」に重点 ネット通販とすみ分け

[有料会員限定]

【ソウル=細川幸太郎】新世界百貨店、ロッテ百貨店、現代百貨店の韓国百貨店3社が2021年、そろって大型店を出店した。各社の新店は5~7年ぶり。いずれも学びや飲食といった物販以外の売り場を拡充し、伸長するネット通販とのすみ分けに動いた。百貨店は構造不況業種といわれて久しい。苦境下にあえて出した新店の成否は、業界の行方を決める。

新世界は27日、韓国中部、大田(テジョン)市に「大田新世界アート&サイエ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1506文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン