/

米国務副長官「北朝鮮の応答に期待」 韓国大統領と会談

文在寅大統領と会談するシャーマン米国務副長官㊧=AP

【ソウル=恩地洋介】訪韓中のシャーマン米国務副長官は22日、韓国大統領府で文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談した。シャーマン氏は「北朝鮮が米国の対話呼びかけに、速やかに応じてくることを期待する」と述べた。25日から訪れる中国でも北朝鮮問題を協議する意向を示した。

韓国側の発表によると、文氏はシャーマン氏に米朝対話の早期再開に向けた努力を要請した。シャーマン氏は韓国政府に対し、対北朝鮮政策での緊密な調整を求めた。

バイデン政権は北朝鮮の非核化を最終目標に「前提条件なしの対話」を呼びかけている。北朝鮮側はこれに否定的な姿勢で、李善権(リ・ソングォン)外相は6月下旬の談話で「無意味な米国との接触は考えていない」と反発した。

北朝鮮指導部は足元の食糧不足への対応に追われているほか、8月に予定される米韓合同軍事演習の動向を見極めているとみられる。

シャーマン氏は23日に韓国外務省で崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官との戦略対話に臨んだ後、モンゴルを経て中国を訪れる。中国では王毅(ワン・イー)国務委員兼外相と会談し、秋以降の米中首脳会談の可能性などを探る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン