/

この記事は会員限定です

香港財閥、中国不動産に的 恒大など経営難の隙突く

新世界やスワイヤ 「共同富裕」なおリスク

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】香港の大手財閥が不動産不況下で積極投資に動いている。新世界発展やスワイヤパシフィックは相次ぎ中国本土で新しいプロジェクトに乗り出す。中国恒大集団などが経営危機に陥るスキを突き、財務力を武器に事業拡大を狙う。攻めの戦略は「共同富裕(共に豊かになる)」の名の下に監視を強める中国当局との関係が潜在的なリスクとなる。

不動産大手の新世界は16日、若者向けブランド「K11」で上海市の商業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1652文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン