/

米韓首脳、対北朝鮮の戦略司令部を視察

バイデン氏「脅威から守る」

【ソウル=恩地洋介】バイデン米大統領は22日、韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領とともに、有事の際に米韓両軍の対北朝鮮作戦を指揮する韓国空軍の戦略司令部を視察した。

バイデン氏は「朝鮮半島を脅威から守ることは、全世界の平和と安定のためにも重要だ」と述べ、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射や核実験を強行する姿勢をみせる北朝鮮をけん制。「米韓同盟は日ごとに強くなっていく」と強調し、在韓米軍や韓国軍の将兵らを激励した。

米韓首脳は、ソウル南方にある烏山米空軍基地の地下にある韓国空軍の航空宇宙作戦本部(KAOC)を訪れた。同本部は北朝鮮によるミサイル発射の兆候を探知し、先制打撃を加えるシステムを運用する司令塔の役割を果たす。

尹大統領は「高度化する北朝鮮の核・ミサイル脅威に韓米が共同で対応する重要な場所だ。バイデン大統領との訪問は韓米間の強力な安保同盟を象徴している」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン氏来日

岸田文雄首相との日米首脳会談や日米豪印による「Quad(クアッド)」首脳会議、来日前の尹錫悦(ユン・ソンニョル)韓国大統領との会談などに関する最新のニュースと解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン