/

台湾海峡とは 米中対立で「世界一危険」な場所に

きょうのことば

▼台湾海峡 台湾島と中国南東部の福建省の間にある海峡のこと。東西の幅はもっとも狭い所で130キロメートルある。1949年まで続いた国共内戦の末、毛沢東率いる共産党が北京に政権を樹立し、敗北した蒋介石の国民党政府が台湾に逃れた。互いに正当性を主張し合う中台の間で、海峡は政治的にも軍事的にも対立の火種になってきた。

2021年3月にはデービッドソン米インド太平洋軍司令官(当時)が、27年までに中国が台湾に侵攻しかねないと警告。以来、台湾海峡を巡る米中戦争リスクへの懸念も強まり「世界一危険」な場所と呼ばれるようになった。東シナ海と南シナ海を結ぶ主要航路となっており、仮に軍事衝突が起きれば世界経済への影響は計り知れない。

中台関係は台湾の歴代政権の方針によっても大きく変わってきた。95年には李登輝総統が異例の訪米を成し遂げるが、直後に中国が弾道ミサイルを発射して威嚇。米中による「台湾海峡危機」へと発展した。2000年に台湾独立を志向する民主進歩党(民進党)へ初の政権交代が起きたが、08年に国民党が政権を奪回。16年には対中強硬を掲げる民進党の蔡英文氏が総統に就任し、現在に至っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

大中国の時代

中国を巡る世界情勢が新たな段階に入りました。変化の渦の中心にいるのが、異例の3期目をめざす習近平(シー・ジンピン)国家主席です。膨張を続ける「大中国」と、それに向き合う世界の動きを追います。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン