/

この記事は会員限定です

[FT]生体認証で仮想通貨を10万人に無償配布 普及加速

[有料会員限定]
Financial Times

世界で10万人を超える人が目のスキャンを受けて「ワールドコイン」という暗号通貨を無料で受け取っている。世界で暗号資産(仮想通貨)の普及を加速させるプロジェクトの一環だ。

ワールドコインは「オーブ」(球体の意)と呼ぶ虹彩スキャン装置を四大陸の初期ユーザーに約30個配布した。オーブを受け取った人は他の人を勧誘して報酬を得る。オーブでユーザーの眼球を撮影すると、画像に基づいて固有のコードが生成される。撮...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2087文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン