/

この記事は会員限定です

習氏が仕掛ける「党史を学べ」運動 北京ダイアリー 

中国総局長 高橋哲史

[有料会員限定]

20日午前、秋の紅葉で有名な北京西郊の香山を訪ねた。1949年10月に中華人民共和国が成立するまでの半年間、建国の父である毛沢東がすごした「双清別荘」を見学するためだ。

「女性の心は党と共にある。新たな長い道のりに向けて奮闘しよう!」。門をくぐるとすぐに、20人ほどの女性たちが大きな声でスローガンを叫ぶところに出くわした。

鎌とハンマーをあしらった中国共産党の党旗を掲げ、全員が胸に党員バッジをつけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1295文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン