/

この記事は会員限定です

イラン核合意修復へ猶予3カ月、米との交渉焦点

[有料会員限定]

イランは21日、国際原子力機関(IAEA)による現行の基本的な査察を最大3カ月間受け入れると表明した。未申告施設への抜き打ち査察受け入れなどを定めた「追加議定書」の履行を23日から停止することに伴う混乱はひとまず避けられる見通しとなった。イラン核合意修復の思惑で一致する米国とイランは対話の糸口を探る。

21日までイランを訪問したIAEAのグロッシ事務局長は、現状の査察体制からの激変をやわらげる「現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1498文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン