/

中国軍機29機、台湾防空識別圏に侵入 今年3番目の多さ

【台北=龍元秀明】台湾の国防部(国防省)は21日、戦闘機や爆撃機など中国軍の航空機が29機、防空識別圏(ADIZ)に侵入したと発表した。2022年に入ってからは、39機が侵入した1月23日、30機が侵入した5月30日に次ぐ規模となる。中国による台湾への軍事圧力が増すなか、米国が台湾への関与を強めていることなどに反発した可能性がある。

侵入したのは、中国の戦闘機「殲16」8機や爆撃機「轟6」6機など。普段から侵入の多い台湾の南西側だけでなく、南東のフィリピン海側にも回り込んだ。台湾の空軍機も緊急発進(スクランブル)して対応した。

米国は5月の日米首脳会談で「台湾海峡の平和と安定」に言及するなど台湾への関与を強め、政府関係者や議員の訪台も相次いでいる。一連の台湾重視の姿勢に対して中国側は強く反発してきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン