/

この記事は会員限定です

新型コロナワクチン製造、印セラムの工場で火災

CEO「コロナワクチン製造に被害なし」

[有料会員限定]

【ムンバイ=早川麗】新型コロナウイルスのワクチンを製造するインド企業、セラム・インスティチュート・オブ・インディアの工場で21日午後、火災が発生した。現地時間午後5時半(日本時間同9時)ごろまでには下火になったもようで、アダール・プーナワラ最高経営責任者(CEO)は「コロナワクチンの製造設備に被害はない」とツイートした。現地紙は5人が死亡したと報じた。

地元メディアによると、コロナワクチンなどの増...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り371文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン