/

インドネシア潜水艦が消息不明 バリ島沖で演習準備

インドネシアのバリ島沖で消息をたった海軍の潜水艦「KRIナンガラ402」(同型)=インドネシア海軍提供

【ジャカルタ=地曳航也】インドネシア海軍の潜水艦が21日、同国バリ島沖で消息をたった。53人が艦内におり、海軍が周辺で捜索活動を続けている。同潜水艦は現場海域で魚雷発射演習の準備にあたっていたという。

行方不明になった潜水艦はドイツ製「KRIナンガラ402」で、インドネシア海軍が1981年に調達した。22日に実施予定の演習に備えていたが、21日早朝にバリ島の北方約95㌔㍍の海域で連絡が途絶えた。インドネシアは潜水艦救難船を保有するシンガポールとオーストラリアに支援を求めている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン