/

この記事は会員限定です

中国、エネルギー安保を強化 自給率向上や輸入元多角化

[有料会員限定]

【北京=川手伊織】中国はエネルギー安全保障を強化する方針だ。国家エネルギー局の章建華局長が21日の記者会見で「エネルギー供給を多元的で安全なものとし、需給バランスを保てるようにする」と述べた。米国やオーストラリアなど資源の輸入元との対立が続くなか、自給率の向上や輸入元の多角化を図る狙いがあるとみられる。

章氏は、新たな5カ年計画が始まる2021年からの重点課題として、エネルギー安保の強化を挙げた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り471文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン