/

この記事は会員限定です

中国当局、滴滴に1600億円の罰金 ネット安全法違反で

[有料会員限定]

【重慶=多部田俊輔】中国のインターネットを統制する国家インターネット情報弁公室は21日、中国配車アプリ最大手、滴滴出行(ディディ)にインターネット安全法(サイバーセキュリティー法)などネット統制3法の違反で80億元(約1640億円)の罰金を科したと発表した。同法違反では過去最高額とみられ、中国当局はネット統制を加速する。

当局は声明文で「滴滴が当局の要求に沿ったデータ処理活動を拒否し履行しなかっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り720文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン