/

日産、フィリピン生産から撤退 輸入に切り替え

【マニラ=遠藤淳】日産自動車は21日、フィリピンでの生産を3月に終了すると明らかにした。現地企業との生産委託契約を打ち切る。販売低迷を受けた世界的な事業体制の見直しの一環で、フィリピン生産から撤退し、完成車の輸入に切り替える。

日産自動車はフィリピンでの委託生産を3月に終了する

日産は2013年からフィリピンの地場企業に委託し、首都マニラ近郊にある工場で小型セダン「アルメーラ」を組み立てている。委託契約期間が満了するのに合わせて打ち切りを決めた。フィリピン貿易産業省によると、作業員として133人が雇用されている。新型コロナウイルス禍による景気減速で販売が落ち込み、20年のアルメーラの生産台数は4600台にとどまっていた。

フィリピンでは19年にいすゞ自動車がピックアップトラック「D-MAX」の生産を終了、20年3月にはホンダが小型車「シティ」などを組み立てていた工場を閉鎖している。貿易産業省は自動車の現地生産が縮小し、輸入車が増えている状況に危機感を強め、21日に自動車に対するセーフガード(緊急輸入制限)を暫定的に発動している。

日産は20年5月に3社連合を組む仏ルノー、三菱自動車とともに、余剰生産能力の削減を含む中期経営計画を発表。スペイン・バルセロナ工場の生産を21年末に終了することを決めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン