/

この記事は会員限定です

中国・インド含む「G10」 グローバル化を多層に

中国グローバル化センター・王輝耀理事長

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

グローバル化は終わっていない。世界が緊密に関連する今、一部の地域で起きた出来事は善悪を問わず、世界に大きな影響力を及ぼす。新型コロナウイルスの流行やウクライナ問題、気候変動といった問題を抱えるなか、グローバル化は新しい段階に入った。

米国一国が主導してきたグローバル化は欧州連合(EU)や中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)も推進役となって多様化している。寛容と平等という新たな方向性が柔軟なグロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り992文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
Next World

国境を越えてヒト、モノ、カネが行き交うグローバリゼーション。世界に豊かさと成長をもたらす一方、富の偏在や価値観の違いによる分断も生じる。ロシアによるウクライナ侵攻、新型コロナウイルス禍などでこれまでの秩序が大きく揺らぐなか、歴史を振り返りながら再考する。

速報

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません