/

この記事は会員限定です

香港、メディア弾圧鮮明 アップル・デイリー資産凍結

国家安全法、民主派を徹底統制

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【香港=木原雄士】中国共産党に批判的な香港紙・蘋果日報(アップル・デイリー)が21日、休刊の検討に入ったことは、香港の報道機関を取り巻く環境が一段と厳しくなっていることを印象づけた。香港国家安全維持法によって、今後、同紙以外の民主派メディアへの弾圧も強まる可能性がある。香港の「言論の自由」は消滅しつつある。

香港は高度の自治を認めた「一国二制度」のもと、報道の自由が保障され、多くの外国メディアも拠...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1129文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン