/

旅客機部品、米住宅地に落下 負傷者は報告されず

20日、米コロラド州デンバー近郊に落下した旅客機の部品=ブルームフィールド警察提供、AP

【ロサンゼルス=共同】米西部コロラド州デンバーの空港を離陸したユナイテッド航空の旅客機で20日、エンジントラブルが発生し、機材の一部がデンバー近郊の住宅地に落下した。同機は空港へ引き返し緊急着陸した。乗客乗員241人と付近の住民に負傷者は報告されていない。米メディアが伝えた。

地元警察は、住宅のすぐ脇にエンジンの一部とみられる大きな環状の部品が落ちている様子を写した写真を公表した。

同機はボーイング777-200型で、正午(日本時間21日午前4時)すぎにデンバーを出発、ハワイ・ホノルルに向かっていた。離陸直後に右側のエンジンに異常が見つかり、引き返して着陸を試みている最中に部品が落下したとみられる。

近隣住民の一人はAP通信に「爆発が起き、煙が上がって破片が落ちるのを見た」と証言。乗客の親族だという女性はツイッターに、エンジンが炎に包まれた状態で旅客機が飛行を続ける様子を映した動画を投稿した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン