/

この記事は会員限定です

豪州、高まる太陽光発電の「熱」 電気代高騰や脱炭素で

ASIAトレンド

[有料会員限定]

オーストラリアで家庭向け太陽光発電システムへの販売熱が高まっている。世界的な資源高を受けて電気代が高騰しているほか、環境問題への意識向上が背景にある。豪州は晴天の多さと広大な国土という特長を備える。現在のブームが続けば、再生可能エネルギー比率の上昇を後押しする効果もありそうだ。

11月下旬、シドニー郊外の一軒家では太陽光パネルの取り付けが急ピッチで進んでいた。夫と子供2人とこの家に住む女性は「夫...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り820文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません