/

中国機墜落、高度9000メートルから急降下か 132人搭乗

(更新)

【広州=比奈田悠佑】中国の航空当局は21日午後、中国東方航空機が墜落したと発表した。南西部の雲南省昆明市から南東部の広東省広州市へ向かう便で、広西チワン族自治区の上空で連絡を絶った。米ボーイングの737型機で、乗客乗員132人が搭乗していたという。けが人や死亡者などの詳しい状況は分かっていない。

中国国営中央テレビ(CCTV)によると、外国籍の乗客はいなかったという。在広州日本総領事館は現地時間午後7時時点で「なお情報を確認中だが、これまでのところ邦人がいるとの情報に接していない」としている。米メディアなどによると、機体は高度約9000メートルから急降下したとみられる。

墜落した機体は21日午後1時10分に昆明を離陸し、午後3時5分に広州に到着予定だったが、途中で連絡が付かなくなった。CCTVによると午後2時38分に墜落したという。

中国のSNS(交流サイト)上では、墜落現場の近くで撮影されたとみられる山火事の様子や、機体の一部と見られる破片が山道に落ちている様子を撮影した動画が投稿されている。一部の中国メディアは、墜落現場の付近の住民が「巨大な爆発音が聞こえ、山火事になるのが見えた」と話したと報じた。CCTVによると火事は同日午後5時すぎには鎮火したという。

墜落した機体の到着予定地だった広州空港の一部エリアは21日夜、衝立(ついたて)で覆われた。乗客関係者向けに設けられたとみられる。中からは関係者とみられる人が泣き叫ぶ声が漏れた。

中国東方航空は中国国有大手の航空会社の一角で、本社を上海市に置き、20年末の従業員数は8万1157人。20年末時点で734機の航空機を保有し、約170カ国の1000を超える都市に就航している。2020年12月期の売上高は前の期比51%減の586億元(約1兆1000億円)、最終損益は118億元の赤字だった。

中国東方航空は21日午後、SNSで「緊急態勢を立ち上げ、作業グループが(事故の)現場に向かった」と発表した。同社のウェブサイトなどは白黒表示になり、事故に対する哀悼の意を示しているとみられる。

中国本土では1994年6月に中国西北航空の国内便が墜落し乗客・乗員の160人全員が死亡した例が死者数で最悪の航空事故とされる。

中国共産党の習近平(シー・ジンピン)総書記(国家主席)は21日、旅客機の墜落を受け「国民の生命の安全を確保」するように重要指示を出した。航空会社の「安全上の隠れた問題」を洗い出し、再発防止を徹底する考えも示した。

中国共産党の機関紙、人民日報(電子版)などが相次ぎ速報した。中国国務院(政府)の責任者を現地に派遣して事故原因の究明に当たっているという。

重要指示を墜落直後に出し中国メディアに速報させたのは習指導部の危機感を示している。2022年秋に共産党幹部の人事を決める5年に1度の党大会があり、習指導部は国内の安定に向けて神経質になっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン