/

ポンペオ氏ら28人に制裁 中国、米前政権に異例の報復

think!多様な観点からニュースを考える
 記者会見する中国外務省の華春瑩報道局長=20日、北京(共同)

【北京=羽田野主】中国外務省は21日、トランプ前米政権で国務長官を務めたポンペオ氏ら28人に制裁を科すと発表した。中国本土や香港、マカオへの入境を禁じる。関係企業・団体の中国での経済活動を制限する。

中国はバイデン氏の大統領就任直後に制裁を発表した。対中強硬策を相次ぎ打ち出してきたトランプ前政権に異例の報復措置を取った。

今後の米中関係に悪影響を与えないように配慮しつつ、バイデン新政権が対中強硬路線を継続しないようにクギを刺す狙いがうかがえる。

中国外務省は「中国の内政に深刻に干渉し、中米関係を著しく破壊した」と非難。「国家の主権、利益を守る決意は決して揺るがない」と強調し、新政権をけん制した。

28人は前政権で大統領補佐官を務めたオブライエン、ナバロ、ボルトン各氏らで、その家族も対象となる。中国や香港、マカオに入ることが禁じられるほか、関わる企業や機関が中国側と接触したり、商取引をしたりすることが制限される。

中国は前政権が任期ぎりぎりまで打ち出す対中制裁に警戒感を強めていた。バイデン氏の大統領就任でその可能性がなくなったため、報復に出たとみられている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン