/

恒大、中国国際金融をアドバイザーに 債権者との協議で

【上海=土居倫之】経営再建中の中国恒大集団は21日、中国の投資銀行、中国国際金融(CICC)などをアドバイザーに起用する方針を発表した。外貨建て債務の再編に向けて債権者と協議する役割を担う。

同社のリスク管理委員会がアドバイザー起用を経営陣に提案したことを明らかにした。CICCと中銀国際アジアを財務アドバイザー、中倫律師事務所を法務アドバイザーとする。恒大は「法律に基づいて公平に問題を処理し、債務問題の解消を支援する」ことが目的としている。これまではフーリハン・ローキーとアドミラルティ・ハーバー・キャピタルがアドバイザーだった。

恒大の外貨建て債務を巡っては、海外の投資家グループが20日までに、恒大が海外債権者と実質的な交渉を行っていないと批判する声明を発表。「法的権利を守るために必要な措置を講じる用意がある」と警告していた。同グループは米法律事務所カークランド・アンド・エリスと投資銀行モーリスが代表を務めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン