/

この記事は会員限定です

[FT・Lex]明暗分けたゴールドマンとバンカメの決算

[有料会員限定]
Financial Times

2020年は米ウォール街のトレーダーや投資銀行家にとって大当たりの年だった。それでもゴールドマン・サックスとバンク・オブ・アメリカの10~12月期の決算は、トレーディング業務や助言業務がすべての銀行に等しく恩恵をもたらしたわけではないことを示す。独立系投資銀行と消費者金融への依存度が高い銀行の差は21年も拡大しそうだ。

ゴールドマンは10~12月期の純利益が45億ドル(約4600億円)と前年同期の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1151文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン