/

ジャカルタ東方に新港 日系企業の物流利便性向上に

【ジャカルタ=共同】日本の円借款で建設が進められてきたインドネシアの首都ジャカルタ東方約120キロのパティンバン港が一部完成し、記念式典が20日開かれた。首都圏東方に工場を集積させているトヨタなどの日系企業にとって物流の利便性が向上し、貿易拡大につながると期待されている。

同港は西ジャワ州スバン県に建設。首都圏は渋滞が深刻で、現在使用しているジャカルタ北方タンジュンプリオク港までのアクセスの悪さが問題となっており、新港利用で物流量を分散化する。

日本政府は2017年から総額約1190億円の円借款を供与。オンラインで式典に参加したジョコ大統領は「(新港は)地域産業をつなげる鍵となり、輸出の加速を支えると確信している」と期待を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン