/

この記事は会員限定です

台湾・香港に交流断絶危機 中国、公式ルートで強硬策

出先機関で領事業務停止

[有料会員限定]

【台北=中村裕、香港=木原雄士】台湾と香港の関係が急速に悪化してきた。香港政府は5月中旬、台湾にある出先機関(領事館に相当)の業務を突如停止した。台湾が香港に置く出先機関にも圧力をかけ、7月末にも同機関の業務が事実上、停止される恐れが出てきた。「一つの中国」を唱える中国政府が、台湾と香港の公式ルートを分断する強硬策に出ている可能性が高い。

台湾で対中政策を所管する大陸委員会のトップの邱太三主任委員...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1699文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン