/

この記事は会員限定です

インド通信、値下げで消耗戦 料金20分の1に

リライアンスが攻勢 5G投資に影響も

[有料会員限定]

【ムンバイ=花田亮輔】インドの通信市場が消耗戦に陥っている。大手財閥のリライアンス・インダストリーズ系の攻勢で、足元の通信料金は過去5年間で20分の1以下の水準まで下がった。体力勝負のなか、業界3位の企業は経営不振にあえいでいる。高速通信規格「5G」などへの投資余力も細っており、関連するインフラ需要などに影響する可能性がある。

「世界で最も手ごろな価格になると約束する」。リライアンスのムケシュ・ア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン